3Cは、カスタマー、コンペ、カンパニー(自社)の3つのCです
Copyright(C): 2013-, AACCX INC., e-mail: dogami@taxes.jp, All rights reserved.

  では、市場(顧客)分析と、競合分析について、解説
します。

 ①市場(顧客)分析
 市場分析の目的は、将来のマーケットを予測し、その市場規模や、ターゲットとなる顧客のニーズを、探ることです。近未来のマーケット予測については、市場規模や、成長性に注目して、分析を進めます。ターゲットとなる顧客のニーズについては、購買決定者の分析や、購買にいたるまでの決定プロセスの観点から解析します。

 ②競合分析
 現状、および近未来の競争状況や、競争相手(ライバル)について検証します。特に競争相手との分析においては、どうすれば、自社の「競争優位性」を確保できるかについての分析が、重要になります。この論点については、ポーター教授の「競争優位の確立」理論を基に、その確立後の「維持」が重要になります。

◆”3C分析”


内部要因
 

             自社
         (Comopany) 



外部要因

 
  顧客
 (Cutomer)

 
 競合相手
 (Competitor)




 3C分析もSWOT分析と同様に企業の外部環境と内部環境を把握し検証するためのツールのひとつです。3C分析では、分析の軸を市場(顧客)、競合、自社、の3つに分けて考えます。
 もちろん、3C分析だけでも環境分析は可能ですが、より理解を深めるためには、まず自社分析に掛る「SWOT分析」を行ったうえで、補完的に「3C分析」を行うと、効果的です。なぜならば、自社分析の領域のSWOT分析では見落とされがちな、市場(顧客)の観点や、競合分析を行うことができるからです。



環境分析の行き先は、成功です。

              3C分析”の理解を鷲掴みすると以下のとおりです

 3C分析とは、顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の情報から、成功要因(KSF=key success factor)を抽出し、自社の「強み」「弱み」を特定するための分析です。成功要因は、①市場での成功要因(3つのシェア(占有率))と、②マーケティングの成功要因(製品・サービス等7項目ほど)に分類、分析して、SWOT分析手法との合わせ技の事業戦略を策定をします。

 上記①の「市場の成功要因」の詳細は、(a)マーケットシェア(市場占有率)、(b)マインドシェア(顧客認知度)、(c) ハートシェア(好感度)の3シェア。上記②の「マーケティングの成功要因」は、(a)製品(商品、サービス)、(b)価格、(c)場所(流通)、(d)販売要員、(e)販促、(f)業務スピード、(g)販売記録(証拠)などを環境分析のセグメントとします。
3C分析とは?

 Menu
 HOME
 企業再生とは
 経営戦略とは
 事業戦略とは
 環境分析とは
 1.ブルーオーシャン戦略
  2.SWOT分析
  3.3C分析
 競争環境の分析
 ・ファイブ・フォース
 サイトマップ