事業再生計画は、企業存続をかけた戦いです。
計画工程
事業再生
事業再生(計画)が対応できない場合は…
   事業再生の手順は、明確です
『事業再生』計画は、銀行が求めてくる!
「返済滞り」やリスケに対する対応要請です。

金融庁「債務者区分」の「破綻懸念先」等へ格下げ
   事業再生の出口は、金融取引の正常化です
事業再生が不可と銀行が判断すると
   事業再生計画は、事業継続と銀行取引の正常化が目的です
銀行は融資「回収」へ(一括返済)
   事業再生は、この手順で実施されます
債務者企業は、資金繰りが詰り「破産」処理へ



  銀行融資の事業計画で困ったらご相談を!

          こちらは
金融庁認定支援機関です
              
(認定番号:関財金1第268号)

Menu
 TOP-PAGE
 事業計画とは
 事業再生
 事業再生の計画策定とは(計画工程表)?
 Site Map

 関係者 
                事業再生の工程  
    経営課題の把握     事業再生計画の策定  再生計画の実施とモニタリング
 債務者企業




































①経営改善の強制的な受け入れ
②事業再生の必要性の理解
③事業再生への取り組みへ決意表明
④経営者の意識改革(事態の認識)
⑤債権者(銀行)主導の改革の認容
⑤銀行紹介の認定支援機関税理士の
 受け入れ
⑥認定税理士への対応
 イ)資料提供
 ロ)ヒアリングに対する回答
 ハ)ディスカッション議論への
  参加


























①担当者の任命
②経営改善施策の策定
 イ)事業内容の見直し
 ロ)業務内容の見直し
 ハ)財務会計構造の見直し
③予算計数計画の立案
④行動計画の立案
⑤事業再生計画書の策定(備考)
 
備考:
 イ)暫定計画
  事業再生計画書の策定に難しい
 場合は、今後3年程度の暫定的な
 経営改善計画書の策定で銀行が
 様子を見る場合がある
 ロ)返済計画
  必ず債務者主導により原則は
 プロラタ方式で合理的に立案する
 こと(そうでないと収集がつかな
 くなる恐れ有り)
⑥銀行への根回し
 イ)原則としてメイン銀行と相談
  して合理的な計画書とすること
 ロ)各取引銀行への根回し・交渉
 ハ)借入契約の巻直し
 
備考:バンクミーティング。
 中小企業では原則として会合は、
 開かない方が得策。各銀行により
 計画に係る細部に渡る思惑が、
 異なり、仮に会合では纏まっても
 実施段階で足並みの乱れがでる
 可能性が高い。






①行動計画の実施
②経営管理体制の整備
③計画の「予算・実績」差異
 所謂「予実管理」体制の整備
 イ)継続性
   合実計画では10年計画が
  策定され最低、年に一度の
  計画の改訂(原則は月次)が
  求められる。
   その所謂「事業計画書」
  の予実管理の月次費用は、
  数万円の予算化が必須です
 ロ)事業計画ソフト
   日本ではMAPⅡが断トツ
  のシェアを持ち、銀行も使
  っている現場が多い。その
  利用技術も、また年期を要
  することに留意すべきです
  
備考:文中のMAPⅡは(株)
  MAP経営の商標権。弊社は
  会員として特に使用を許さ
  れて掲載している。


④計画の進捗管理
 銀行は最低年に一度は、計画評価の都合上、報告を求めます(事実上の強制)

⑤モニタリングの実施
 計画の調整を最低、年一回は行う必要があります。そうでないと計画の「予実」乖離が激しくなるり、計画自体が頓挫します。
 蛇足ながら頓挫すると計画実行が不能判定され、銀行は債権回収に走ります(破綻へ)。

 取引銀行

















①債務者企業の融資リスクの掌握
 イ)経営課題の把握
 ロ)債務者からの相談内容に拠る融資リスクの判断
②支払猶予の承諾
 イ)債務者企業の「債務者区分」確認と本部への稟議書の作成
 ロ)稟議書作成に掛かる不足資料の要求
  間に合わない場合等は、行員の判断(悪い評価)をします
②認定支援機関の紹介
  実績主義。その銀行(支店)が従来から協力関係にあり、事業再生の
 計画策定に関して、その判断基準、及び計画書の内容において信頼でき
 る認定支援機関の税理士らを、紹介します。

 
①モニタリング支援
 イ) 債務者からの相談への対処
 ロ) 認定支援機関との協力
 ハ)認定支援機関の取替進言
②人材の派遣
 中小企業でも大手、銀行が特に守りたい会社には、独自の判断で人材投入の可能性はある。








弊社ら
認定支援機関















①「事業計画」作成の義務化経緯
 の説明及び説得
 イ)債務者企業の立場
 ロ)債権者(銀行)の立場
 ハ)銀行の管理体制の紹介・説明
 ニ)書類作成のルール説明
 ホ)義務否認の向こうにある債務
  者の破綻への途(説明)
②債務者企業の概要把握
 イ)決算申告書一式(3期)
 ロ)資料、ヒアリング、調査
 ハ)沿革、株主(関係会社等)、
   経営者、取引銀行、事業内容等
③経営課題の把握支援
 イ)管理・営業面での課題
 ロ)財務・会計・労務面での課題

①計画策定の支援
 イ)経営改善の策定支援
 ロ)予算計数計画の策定支援
 ハ)計画書の策定支援
    i ) 事業計画書
       ・実抜計画
       ・合実計画 
    ii)経営改善計画
       ・暫定計画













①経営管理体制の整備支援
 イ)従前とは違った体制
  (必要性の説明(説得))
 ロ)従業員参加の場合の組織の
  図式化支援
②計数計画のモニタリング体制の
 組織作り支援
 イ)予実差異の把握方法
 ロ)予実差異の掌握サイクル
 ハ)モニタリングのプロセスの
   文書化(ルール化)支援
 ハ)その予算(説明)
③認定支援機関とのコミュニケー
 ション(確認)




Copyright(C): 2013-, AACCX INC., e-mail:dogami@taxes.jp, All rights reserved.