企業再生の局面で!
企業再生局面での怖いハードル
Menu
 HOME
 企業再生とは
  ・企業再生のハードル
 経営戦略とは
 事業戦略とは
 環境分析とは
 マーケティングとは
 ・マーケティングプロセスとは
 サイトマップ
 
   Q:経営革新に取組んでいますか?
    A:シャレ臭い! マーケティングなんぞ、現場では役に立たねえんだ!!

  Q:じゃあ、事業計画書は、予算と実績の比較をして、更新していますね?
   A:シャレ臭せんだよお! 事業計画なんぞは、頭の中に入ってらあ!

  Q:「債務超過」も計画の内だったのですか?
   A:銀行は、リスケの協力もしたのに、あなたには、やる気も誠意もないですねえ!


   什器ような「リスケ企業」には、3年程の猶予をおいて、裁判所による
   「破産処理」が待っています。


  
 銀行融資の借り手責任を負う「企業再生」局面の債務者企業は、銀行主導で
   「企業再生オペ」が行われます。


   
金融庁筋からの「政策パッケージ」の事業計画書にも、あなたが誠意を持って
   選択するマーケティング手法が
必須です。

   
銀行と敵対してゴリ押しする「銀行踏み倒し」戦術は、もう10年も過去の話です。
   銀行協調の新しい「枠組み」であなたは助かります。

    事業計画書には、あなたの「マーケティングの途筋」を述べる箇所があります。

    銀行が視ている事業計画書で、結果的な目標達成率が80%以上「実抜計画」
   「合実計画」が、いい加減だと、あなたの「レッドカード」は、事実上、銀行から
   発せられます。
Copyright(C): 2012-, AACCX INC., e-mail: dogami@taxes.jp, All rights reserved.