◆環境分析としての”SWOT分析


 SWOT手法は、環境分析における一つのツールですが、日本では大変に良く使われています。
認定支援機関の行政パッケージの指導要領にも、この手法が載っているほどです。SWOTとは、
一度やってみれば誰にでもでも解り易い便利な経営環境の分析手法のことです。  
 本来、環境分析の手法のひとつですが、マーケティングだけでなく、営業など、経営に関するあらゆる場面で、プレゼン等でも、頻繁に使われている便利な経営分析の道具です。自社の分析と自社を取り囲む環境を分析するときの4つの切り口、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat (脅威)の頭文字を順に並べたのがSWOTです。スウォットと発音します。












 SWOT分析も経営環境について分析するうえで基本的な分析手法です。
 SWOT分析は、企業の外部環境と内部環境に分け、外部環境に関しては、自社の市場においての機会をさぐり、自社にとって脅威になる問題点を抽出することにあります。また、内部環境においては、自社の強みと弱みを把握します。

 まず、ブレーンストーミング等よって重要なポイントはできるだけ多く抽出します。次に、それらに濃淡をつけて、分析します。また、なんとなく区別しにくい項目や、関係ないと思われる要因も抽出して置くのが、重要な手順上のコツです。区別しにくい項目に何か将来のヒントが隠されている可能性もあるからです。外部環境については、自社に対して影響度の大きい項目に注目することであり、内部環境については、自社にとってのライバル企業との比較で考えます。

 ここから得られた分析はどのように活用にすいては、まず企業が戦うべき市場(マーケット)を明確にします。即ち外部環境で機会の大きい魅力的な市場を狙い、内部環境で分析された強み、自社の競争優位性を最大化できる市場を狙います。

Copyright(C): 2012-, AACCX INC., e-mail: dogami@taxes.jp, All rights reserved.
 内部要因  強み  弱み
 外部要因  機会  脅威
SWOT分析は良く使います
仲間でブレインストーミングして、項目を書き出します。
SWOT分析とは?
経営環境の分析手法です。内部環境と外部環境に分けて考えます(良く使われるツールです)

Menu
 HOME
 企業再生とは
 SWOT分析とは
 サイトマップ